スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
寸又峡温泉(静岡県)一泊
もう4回目か5回目かになる、静岡県寸又峡への旅です。
昨年から悩まされているしつこい肌荒れに効くことを祈って、美女づくりの湯とも呼ばれる、ここ寸又峡温泉を今年の初温泉に選びました。

泉質は硫化水素系の単純硫黄泉。入るとつるつるすべすべのマイルドなお湯です。

宿泊先は湯屋 飛龍の宿。以前寸又峡に来た際にこちらの前を通りかかった時、スタッフの方がせっせとガラス戸を磨いていた様子が何だかとても感じが良くて気になっていた宿で、今回が初めての宿泊。
(以下 画像をクリックすると拡大します)

yadogaikan0953~01

kyakusitu1455~01

寸又峡の宿の中では収容数が80名と多いほうです。
でも、お正月明けの今はオフシーズンで
、団体さんも入っていなかった今回、お風呂はほぼ、独り占め!のんびり静かに過ごすには今時期は狙い目かと思います。

露天風呂が点検中なのは残念でしたが…。内湯から露天風呂への扉がありつながっているので便利そう。
内湯はややぬるめでゆっくり浸かれました。
yokusitu_1551~01

洗い場はこんな感じ。

yokusitu2_1551~02

建物の作りを見た感じでは、エントランスを真ん中に客室のある旧館と新館がつながっており、浴室は新館のようです。脱衣場も、備品は最低限なのでブラシやティッシュ、コットン等は持参しましょう、なのですが、明るい雰囲気。きれいで快適です。


夕食はこちら。

dinner_1804~01

ふたがされている中身はしし鍋です。刺身はこんにゃくとマスがついていて、当日別注文で馬刺と鹿刺をお願いしました。注文してから気づきましたが馬と鹿って…馬鹿?
でもおいしかったです。

温泉街にあるお土産屋さん兼軽食のお店でもメニューに鹿がありました。
私の郷里北海道では増えすぎて農作物や自然の植生等に被害をもたらしているエゾシカ対策として、鹿を食べましょう、という取り組みが始まっていますが、こちらもなのでしょうか。聞こうと思って忘れていた。


朝食はこちら。
breakfast_0803~01


温泉卵や焼き魚は旅館の朝食では定番ですが、この宿ならではでうれしかったのは、私の好物、揚げだし豆腐が!キャベツの味噌炒めも甘辛でおいしい。
朝食前と朝食後にしっかり温泉も楽しみ、チェックアウトです。


いつもは寸又峡温泉に来た時は町営露天風呂に必ず立ち寄るのですが、1月は11時オープンとなっており、バスの乗車時刻の都合で今日は断念しました。
南アルプスの緑に包まれ、湯のぬくもりに包まれる、素敵な露天風呂です。


今度訪問するときは露天風呂に入りたいものです
tyoueiroten_0956~01

以前の訪問レポートはこちら


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

おまけ

SLが走る茶どころ川根町の眺望
chabatake_1213~01

茶畑の至る所に扇風機のプロペラのようなものが回っていますが、これは茶の新芽の時期に霜が着くのを防ぐために回すのだとSLの車掌さんが話していました。



行きはC10 8
c108_1150~01

帰りはC11 190型の蒸気機関車でした。
c11190_1416~01



勇壮なSLとは対照的なうちのC…cat
yukiorusuban_0611~01

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2014/01/14 23:50】 温泉のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<小皿にとる感覚? | ホーム | 本年もよろしくお願いします>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://mikeyuki.blog81.fc2.com/tb.php/118-566698a2
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。