スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
米沢の大平温泉
ちょっと更新の間が空いてしまいましたが、山形県米沢市方面の温泉レポートの続きです。
前日の笠松鉱泉宿泊に続き、大平温泉 滝見屋に立ち寄りました。

同じ米沢市内ではあるものの山の中ですから、まっすぐ直線経路では行けず、こんな感じ(googlemap)です。
そこへ行くまでの道路がとにかくすごいです。
P1010603 (800x600) - コピー

途中にはトトロの森が。
P1010598 (800x600) - コピー

休校中の小学校の分校もありました。
P1010653 (800x600) - コピー

木漏れ日の中を、なんて書くと美しい感じですが、
繰り返しますが、びっくりするほどのすごい道です。数ヶ月前に同じく米沢市内で立寄り湯に行った姥湯温泉 桝形屋への道のりにもビビりましたが、そちらといい勝負。
P1010605 (800x600) - コピー
P1010604 (800x600) - コピー

宿は川辺の低いところにあり、それより少し高い場所にある駐車場に車を停めて、歩いて下ります。
すれ違うほかのお客さん方の足元を見ると山歩き仕様のスニーカーの方が多いです。私たちは革靴…で歩きました。

吊り橋を渡り
P1010612 (600x800) - コピー

さあ、宿だ♪
P1010613 (800x600) - コピー


大平温泉では単なる立ち寄りではなくお部屋での昼食&一休みも予約していました。
1泊気分、とまではいかなくても、0.5泊気分くらいにはなれるかな

お部屋は和室です。トイレは別ですが廊下を出て割と近くにありました。
さっぱりした、きれいな部屋です。
P1010615 (800x600) - コピー

部屋からの眺め。
このグラデーションが好きです。本当にいい時期に来ました。
P1010616 (800x600) - コピー


お風呂はこちら。男女別の露天と、内湯も男女別、貸切の露天が一か所です。

男性用露天風呂。
DSC_0049 (450x800) - コピー

女性用内湯も、窓からはとてもよい眺めが楽しめます。
私は眺めより「湯の花すくい」にしばし熱中していましたが。別に体に塗るとか持ち帰るとかいうわけじゃないのですが、立派な大きな湯の花があるとキャッチしたくなる…。
P1010639 (800x600) - コピー
P1010640 (800x600) - コピー

露天は長湯が気持ち良い、ちょうどいい温度、内湯はそれより少し熱めでした。

泉質はカルシウム-硫酸塩泉です。
P1010635 (600x800) - コピー

湯から出たころを見計らって、昼食が運ばれてきました。優しい味わいのおいしいおそばでした。
P1010628 (800x600) - コピー

お風呂にもう一度入り、一休みして、帰路へ。
山道を下ってきたので、おのずと帰りは「山登り」となります。駐車場に着くとちょっとした達成感とともに、もうひとっ風呂浴びたいな、なんて気持ちになりますね。

大平温泉 滝見屋
米沢市李山12127
Tel0238-38-3360
オフィシャルサイトはこちら


P1010652 (800x600) - コピー

米沢市街にある地元スーパーで芋煮の材料を買って帰りました。
そのままお鍋に投入できる皮むき済みの里芋が大容量で売られていて、さすがご当地!と思いました。
P1010654 (800x600) - コピー

帰りのガソリンスタンドの猫さん。看板猫、ですね。
P1010656 (800x600) - コピー


うちの猫はテレビを見ておりこうさんに留守番してましたよ。

yukitv.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
【2015/01/08 20:47】 温泉のこと | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ゆきの新年 | ホーム | 笠松温泉宿泊 その2>>
comments
----
わ…いいですね~これぞ私の好きな温泉です。私の目的は、ただただひたすら「温泉」ですもん。「温泉街」は苦手なの。
私は自炊の湯治場ばかりだったけど、 食事もつくならこういうお料理が、一番美味しいものです。

そして、さりげないニャンコさんのおもてなしがあれば、もう最高ですよね(^_^*)
【2015/01/14 23:17】 URL | まめはなのクー #-[ 編集] |
--Re: タイトルなし--
>まめはなのクーさん

本当に「温泉」に特化した温泉です。道が大変なのに来る人達からも温泉への並々ならぬ熱意(?)を感じましたね。
まめはなさんは自炊宿によく行かれてたのですね。
私も一度だけですが自炊を経験しました。お風呂も食事もマイペースにできるのがいいですね。

猫と温泉の組み合わせってぴったりですよね。今回の旅、宿泊先のニャンコさんたちはあまり近寄らせてもらえなかったのですが、遠くに猫の声を聴きながら過ごす静かな夕べも乙なものでした^^
【2015/01/15 22:39】 URL | umeneko #X5XodAgg[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://mikeyuki.blog81.fc2.com/tb.php/134-9511f73d
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。