スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
福島県の温泉に行きました(2日目 赤湯 野地)
福島県の温泉一日目のレポートはこちら。




翌日も立ち寄り湯二箇所、行きました。一箇所目は赤湯温泉 好山荘。
秘湯を守る会の会員宿です。(ちなみに前日泊まった微温湯温泉も会員宿)
県道沿いに立ち寄り湯を猛烈にアピールする看板が立っており、やや急な砂利道を下ったところにあります。
内湯は「赤湯」で露天風呂は全然泉質の異なる白い硫黄系のにごり湯。

赤湯のほうは3~4人くらい入ったら満員の浴槽です。

b-akayuotoko2P1000225.jpg

…と思ったら、女湯に比べるとずいぶん、男湯は広いみたい。
b-akayuotoko1P1000225.jpg


茶褐色の析出物が浴槽の縁にも床にも固まっていて、ひざをついてかけ湯をしている間にひざ小僧がオレンジ色に染まってしまいました。
洗面器はいくつもあったのですが水道は少なめ。湯浴み重視の設備です。


源泉の流れてくる湯口に重ねるように加水の為と思われるホースも設置されていて、水が一緒に出ています。
そして、「源泉の温度が高いので水は止めないでください」という趣旨の注意書きが木の壁に直接油性ペンで書かれていました。
ワイルドです。

どうみても源泉は熱そうだったので、飲んでみるのはよしておきました。


内湯を出た後はいったん服を着て、外を歩いて露天風呂へ。

b-akayurotenonnaP1000232.jpg


白いにごり湯で湯の花が舞っています。こちらは内湯よりはだいぶ広め。
水は止めてから出てくださいという注意書きがあり、湯温は内湯より低いと思われます。
先客の方が途中で出たのでその後は貸し切り状態でのんびりできました。

b-akayurotensotoP1000231.jpg


タンクをくりぬいた個性的な脱衣所がおもしろいです。
日帰り入浴は500円でした。

宿のワンコ こじろうです。
b-akayudogP1000227.jpg


最後に訪れたのは野地温泉。

今回訪れた中では設備的には一番立派なところです。
JR地・温泉のパンフレットを見て、開放感のある露天の写真が気になっており、割合近場だし行ってみたいなと思っていたところ。

館内には何箇所か湯があり、数時間ごとに男女別が入れ替わるので(元々男女別で固定になっているところもあるみたいですが)、タイミングがよければ日帰りでも全箇所入れるかも。


私が入ったのは共同浴場っぽい雰囲気の千寿の湯と洗い場完備の女性大浴場(扇の湯)。
千寿の湯は湯温別に浴槽が三つに分かれており、ぬるいところからだんだん熱い湯に移るもよし、お気に入りの温度の湯を堪能するもよし、という感じ。
泉温の表示はなかったですが、熱いのが不得意な私でも一番熱いところに入れたので、ものすごく温度が高いわけではないのでしょう。

その後に入った扇の湯は広い浴槽に洗い場が整然と並ぶ、温泉ホテルらしい大浴場。
女性専用露天風呂につながっており、ちょうど小雨が降っていて屋根のないところが空いていたのでそちらでゆっくりしていました。

硫黄泉でもここはわりあい肌にはマイルドな気がします。中にはすごくカサカサになるところもあるので。

ここは設備がきれいすぎて、好みは分かれるかもしれません。

時の流れで熟成した感じの昔ながらの湯治宿が好きな夫はちょっと物足りなそうでした。
確かに、館内に展示されている昭和二十年代(だったと思う)の湯治場ムード満点の野地温泉の建物も素敵でした。

ただ、私はまともに鍵の閉められる静寂性の確保されたトイレに旅の最後に入れたことにほっとしたかな。
日帰り入浴は800円です。


内湯は混んでいたので建物の概観だけでも写真を撮ろうとしたのですが、失敗してしまったため
画像のかわりにオフィシャルホームページのリンクをはっておきます。

野地温泉ホテル 公式ページ


今回は、立ち寄り湯は横向温泉以外は計画を立てず、思いつきでめぐったのですが、こんなに温泉密集地帯だとは思いませんでした。またこの辺は、「湯めぐり第二弾」行ってみたいです。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2010/07/01 23:49】 温泉のこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<オルセー美術館展に行ってきました | ホーム | 福島県の温泉に行きました(1日目 横向、微温湯)>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://mikeyuki.blog81.fc2.com/tb.php/72-c653391e
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。